2019年12月31日

StereoTokyo (ステレオ東京)

こんにちは!私のYouTube投稿動画
コレクションへようこそ






2016年4月9日 ららぽーと柏の葉での

ステレオ東京のLIVE動画を撮影した物です。




Stereo Tokyo(ステレオ トウキョウ)は5人組の

アイドルグループ。

2014年に結成。

2017年に活動を休止!事実上の解散?


レーベル➡Bermuda Entertainment Japan

事務所➡ Bermuda Entertainment Japan

     タンバリンアーティスツ

(主要作品)

2015年5月20日➡Electron

2016年8月28日➡SUMMER





StereoTokyo (ステレオ東京)メンバー紹介




椎名 彩花〜現在・校庭カメラガールドライ〜



三浦 菜々子〜現在・真っ白なキャンバス〜



岸森 ちはな〜現在・ReLIeF〜



西園寺 未彩〜現在・ReLIeF〜



河村 ゆりな〜現在・不明〜



旧・メンバー




辰巳 真由佳〜現在・不明〜



青木 理咲〜現在・不明〜



金山 紗菜〜現在・不明〜



八木 来未〜現在・不明〜













ステレオ東京に関する詳しい情報は下のはURLをクリックしてください





ステレオ東京の公式サイトは既に削除されています。



➡こちらをクリックすればステレオ東京のTwitterにアクセスできます



➡こちらをクリックすればステレオ東京のWikipediaにアクセスできます
























posted by 銀河一郎 at 11:00| Comment(0) | アイドルエンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月30日

アイドルグループ SAYLA (セイラ )

こんにちは!私のYouTube投稿動画
コレクションへようこそ








SAYLA(セイラ )

4thシングル『正統派の夏が来る』

2019年8月27日

オリコンデイリー2位獲得。

場所はタワーレコード新宿店での

LIVE映像です。

主に動画撮影FREE、無料イベントを
中心に各方面に展開しています。





SAYLA(セイラ )

現在6人組の日本のアイドルグループ。

SAY-LAは3000年に一度の正統派アイドルを

キャッチフレーズにしています。

2014年12月結成。

現在も活躍中のアイドルグループです。

2016年11月22日に1stシングルこじらせ片想いを発表。

レーベル?I-GET MUSIC

事務所?I-GET





SAYLA(セイラ )メンバー紹介



森のんの



藤沢泉美



天原瑠理



沙藤まなか



清水亜夢



咲山しほ














SAYLA (セイラ )に関する詳しい情報は下のはURLをクリックしてください





ここからSAYLA (セイラ )の公式サイトにアクセスできます




こちらをクリックすればSAYLA (セイラ )のTwitterにアクセスできます




こちらをクリックすればSAYLA (セイラ )のWikipediaにアクセスできます

















posted by 銀河一郎 at 11:00| Comment(0) | アイドルエンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月29日

collection 懐かしの90年代女子高校制服図鑑第弐集

こんにちは!私のYouTube投稿動画
コレクションへようこそ







今回は 懐かしの90年代女子高校制服図鑑の第弐集です。

新しくリニューアルされた学生服もあれば

歴史と伝統をそのまま継承している学生服と
様々です。

下の方には現在の各高校の状況と公式ホームページの
URLを掲載しておきます。

是非、進学進路等を決める参考にしてください。


横浜学院女子中学校高校・現在の学校形態


横浜学院女子中学校高校y.jpg

国公私立の別➡私立学校
設置者➡ 学校法人横浜学院
併合学校➡横浜千歳女子商業学校
     神奈川女子商業高等学校
校訓 ➡愛と誠
設立年月日➡ 1886年
共学・別学➡ 男女別学(女子校)
中高一貫教育➡完全一貫制
課程➡全日制課程
単位制・学年制➡学年制
設置学科➡普通科
学期 二期制
高校コード 14504B
所在地 〒231-8661
神奈川県横浜市中区山手町203



横浜学院女子中学校高校の歴史


1921年 - 横浜千歳裁縫女学校設立
1941年 - 神奈川女子商業学校設立
1947年 - 横浜千歳女子商業学校と神奈川女子商業高等学校が併合、横浜女子商業学校・横浜女子中学校とする。
1983年 - 横浜学院女子中学校・高等学校と改称。
1999年 - 横浜女学院中学校・高等学校と改称。



横浜学院女子中学校高校・著名人名簿図鑑


野村真美(女優)



横浜学院女子中学校高校の現在の学生服


横浜学院女子中学校高校f.jpg


横浜学院女子中学校高校h.jpg


横浜学院女子中学校高校a.jpg



➡横浜学院女子中学校高校の
公式サイトはこちらをクリックしてください






横浜国際女学院翠陵高校・現在の学校形態


横浜国際女学院翠陵高校a.jpg

過去の名称➡横浜国際女学院翠陵中学校・高等学校
国公私立の別➡私立学校
設置者➡学校法人堀井学園
校訓➡考えて行動のできる人 "Think & Challenge"
設立年月日➡1940年
共学・別学➡男女共学
中高一貫教育➡併設型
課程 ➡全日制課程
単位制・学年制➡学年制
設置学科➡普通科
学期 2学期制
高校コード 14576K
所在地 〒226-0015
神奈川県横浜市緑区三保町1



横浜国際女学院翠陵高校の歴史


1940年4月 - 財団法人堀井学園創設。
1951年2月 - 組織変更により学校法人堀井学園となる。
1985年11月 - 横浜国際女学院翠陵高等学校設置認可。
1986年4月 - 横浜国際女学院翠陵高等学校開校。
1995年10月 - 開校10周年記念式典。
1999年4月 - 横浜国際女学院翠陵中学校開校。
2005年4月 - 文部科学省よりSELHiに指定。
2011年4月 - 横浜翠陵中学校・高等学校に校名変更および男女共学化。



横浜国際女学院翠陵高校の現在の学生服


横浜国際女学院翠陵高校b.jpg



➡横浜国際女学院翠陵高校の
公式サイトはこちらをクリックしてください





嘉悦女子中学校高校?現かえつ有明中学校・高等学校・
現在の学校形態



嘉悦女子中学校高校c.jpg


過去の名称➡私立女子商業学校
      私立日本女子商業学校
      嘉悦女子中学校・高等学校
国公私立の別➡私立学校
設置者➡学校法人嘉悦学園
校訓➡怒るな働け
設立年月日➡1903年(明治36年)10月
創立者➡嘉悦孝
共学・別学➡女子校→男女共学→男女別学
中高一貫教育➡併設型(外部混合無)
課程➡全日制課程
単位制・学年制➡学年制
設置学科➡普通科
学科内専門コース 難関大学進学コース
総合進学コース
学期 3学期制
高校コード 13502A
所在地 〒135-8711
東京都江東区東雲2-16-1


嘉悦女子中学校高校?
現かえつ有明中学校・高等学校の歴史



1903年 嘉悦孝が東京商業学校の一部を間借りし、校長を和田垣講三を校長に迎え、日本初の女子商業学校として設立[3]
1907年 校名を私立日本女子商業学校と改称。麹町区土手三番町に校舎を建設し移転。[4]
1919年 校名を日本女子商業学校と改称し、校長に嘉悦孝が就任。[5]
1932年 校舎を麹町区富士見町に移転[6]
1952年 嘉悦女子中学校・高等学校に改称
2006年 かえつ有明中学校・高等学校に改称、共学化
2013年 男女別クラス編成の男女併学校に変更



嘉悦女子中学校高校?
現かえつ有明中学校高等学校・著名人名簿図鑑



高見知佳
岩井由紀子
坂上香織
松丸友紀
山口美沙
北岡夢子 - 堀越高等学校に転校
松本亜璃沙


嘉悦女子中学校高校?
現かえつ有明中学校高等学校・現在の学生服



嘉悦女子中学校高校a.jpg


嘉悦女子中学校高校b.jpg




➡嘉悦女子中学校高校?現かえつ有明中学校高等学校の
公式サイトはこちらをクリックしてください






学習院女子中等部高等科・現在の学校形態



学習院女子中等部高等科c.jpg


過去の名称➡華族女学校
      学習院女学部
      女子学習院
国公私立の別➡私立学校
設置者➡学校法人学習院
設立年月日➡1885年(明治18年)9月
共学・別学➡女子校
中高一貫教育➡完全一貫制
課程 ➡日制課程
単位制・学年制➡学年制
設置学科 ➡通科(5クラス)
学期 3学期制
高校コード 13541A
所在地 〒162-8656 
東京都新宿区戸山三丁目20番1号


学習院女子中等部高等科の歴史



1885年(明治18年) - 四谷区尾張町に華族女学校を創設する
1889年(明治22年) - 麹町区永田町に移転する。
1906年(明治39年) - 華族女学校と学習院を併合し、華族女学校を学習院女学部と改称する。
1918年(大正7年) - 女学部は青山に移転し、女子学習院となる。
1945年(昭和20年) - 米軍の山の手への空襲で校舎が炎上。終戦後、学習院学制・女子学習院学制を改める。
1946年(昭和21年) - 牛込区戸山町の近衛騎兵連隊跡に移転。青山の旧校地はその後秩父宮ラグビー場となる。
1947年(昭和22年) - 女子学習院は私立学校として学習院女子と改称し、新制の女子中等科を開設する。
1948年(昭和23年) - 新制の女子高等科を開設する。


学習院女子中等部高等科・著名人名簿図鑑



皇室関係

貞明皇后 / 旧制女子学習院卒
香淳皇后 / 旧制女子学習院中退
秩父宮妃勢津子 / 旧制女子学習院卒
高松宮妃喜久子 / 旧制女子学習院卒
三笠宮妃百合子 / 旧制女子学習院卒
常陸宮妃華子
秋篠宮妃紀子
彬子女王
瑶子女王
承子女王
壕子内親王
佳子内親王 
東久邇成子(昭和天皇第一皇女、東久邇宮家盛厚王妃) / 旧制女子学習院卒
鷹司和子(昭和天皇第三皇女)
池田厚子(昭和天皇第四皇女)
島津貴子(昭和天皇第五皇女)
黒田清子(第125代天皇・明仁第一皇女)
近衛ィ子(三笠宮崇仁親王第一女子)
千容子(三笠宮崇仁親王第二女子)
千家典子(高円宮憲仁親王第二女子)
守谷絢子(高円宮憲仁親王第三女子)
梨本伊都子(梨本宮守正王妃) / 旧制華族女学校卒
李方子 (梨本宮守正王第一女子、李王垠妃) / 旧制女子学習院卒
伏見朝子(伏見宮家博義王妃) / 旧制女子学習院卒
朝融王妃知子女王(久邇宮朝融王妃) / 旧制女子学習院卒
立花美年子(北白川宮成久王第一女子) / 旧制女子学習院卒
佐野禮子(竹田宮恒久王第一女子) / 旧制女子学習院卒
大給湛子(朝香宮鳩彦王第二女子) / 旧制女子学習院卒
北白川祥子(北白川宮永久王妃、元皇太后宮女官長) / 旧制女子学習院卒
学校関係
下田歌子(学習院女学部初代部長)
松浦寅三郎(女子学習院初代院長)


一般

嵯峨浩(愛新覚羅溥傑妃) / 旧制女子学習院卒
松平信子(元東宮御教育参与) / 旧制女子学習院卒
松浦董子(元久邇邦久侯爵妻) / 旧制女子学習院卒
岩倉靖子(岩倉公爵家女、岩倉具視の曾孫) / 旧制女子学習院卒
李徳恵(李氏朝鮮王女、元宗武志伯爵妻) / 旧制女子学習院卒
柳原白蓮(「筑紫の女王」「白蓮事件」) / 旧制女子学習院中退
久我美子(女優) / 旧制女子学習院卒
東山千栄子(女優) / 旧制学習院女学部卒
岩佐美代子(国文学者) / 旧制女子学習院卒
加藤シヅエ(元参議院議員) / 旧制女子学習院卒
藤原あき(元参議院議員) / 旧制女子学習院卒
酒井美意子(評論家) / 旧制女子学習院卒
犬養道子(評論家) / 旧制女子学習院卒
野口昭子(「昭和のノラ事件」) / 旧制女子学習院卒
鳥尾鶴代(「GHQを動かした女」)/ 旧制女子学習院卒
今城誼子(元皇后宮女官) / 旧制女子学習院卒
鷹司誓玉(善光寺上人(住職)、第121世法主) / 旧制女子学習院卒
愛新覚羅慧生(愛新覚羅溥傑・浩の子)
愛新覚羅?生(同上)
平岡紀子(演出家)
堀内詔子(衆議院議員)
オノ・ヨーコ(芸術家、音楽家)
池坊保子(元衆議院議員)
石井菜穂子(官僚、世界銀行スリランカ担当局長、財務省国際局担当参事官)
佐藤直子(元テニス選手)
安藤和津(タレント)
一青妙(舞台女優、歯科医師)
岩井友見(女優)
仁科亜季子(女優)
松井康子(女優、「ピンク映画の女王」)
とよた真帆(女優)
桑野東萌(女優)
井上麻里奈(声優)
本庄麻里子(アナウンサー)
増田みのり(アナウンサー)
筒井桜子(元フジテレビアナウンサー)
木下智佳子(元テレビ朝日アナウンサー)
森村桂(作家)
鈴木結女(音楽家)
小島慶子(元TBSアナウンサー)
chay(歌手)
星蘭ひとみ(宝塚歌劇団星組娘役)


学習院女子中等部高等科の現在の学生服



学習院女子中等部高等科b.jpg


学習院女子中等部高等科a.jpg




➡学習院女子中等部高等科の
公式サイトはこちらをクリックしてください






細田学園女子高校・現在の学校形態



細田学園女子高校l.jpg


過去の名称➡細田裁縫女学校
      埼玉高等技芸女学校
      細田女子高等学校
      細田学園女子高等学校
      細田学園高等学校
国公私立の別➡私立学校
設置者➡学校法人細田学園
学区 ➡なし
設立年月日➡1921年10月
創立記念日➡10月
創立者➡細田洋
共学・別学➡共学
中高一貫教育➡なし
分校➡なし
課程 ➡日制課程
設置学科➡普通科・食物科
高校コード 11505D
所在地 〒353-0004
埼玉県志木市本町2-7-1

細田学園女子高生の歴史



1921年 細田洋が細田保?(ほせい)女学校(細田裁縫女学校)を創設
(実業学校甲種)。
1928年 埼玉高等技芸女学校に改称
(高等女学校技芸専修科・実業学校甲種併設)。
1948年 学制改革により高等女学校は新制の女子高等学校となる
(普通科・食物科)。実業学校甲種は廃止。
1949年 細田女子高等学校と改称。
1951年 学校法人細田学園創立。
1969年 細田学園女子高等学校と改称。
1999年 男女共学化。細田学園高等学校となる。
2005年 普通科に国際文化コース設置。
2008年 第2グラウンド完成。
2009年 神澤利一が校長に就任。
2011年 創立90周年式典。細田洋一郎が理事長就任。
2011年 学校改革が本格始動。
2012年 シンガポール・マレーシアへの国際体験学習(修学旅行)を実施。
2015年 新校舎が完成。
2019年 中高一貫校化。



細田学園女子高校・著名人名簿図鑑



北原佐和子 - 女優、介護士。在学中に埼玉県立朝霞高等学校定時制へ転出。
荒木夕貴 - バレーボール選手(上尾メディックス)
川辺隆弥 - サッカー選手(FKルダル・プリイェドル)
その他
名誉校長の細田早苗は、1978年から30年間にわたり韓国への修学旅行を続けてきた功労が認められ、2007年に韓国政府から国民勲章石榴章を授与された[1]。
校歌の作詞は岡田恒輔(官立埼玉青年師範学校、埼玉師範学校の校長を歴任)、作曲は山田耕筰である。
女子高時代の制服をデザインしたのは森英恵であった。


細田学園女子高校の現在の学生服



細田学園女子高校g.jpg

細田学園女子高校q.jpg

細田学園女子高校f.jpg

細田学園女子高校v.jpg



➡細田学園女子高校の公式サイトは
こちらをクリックしてください






三輪田学園中学校高校・現在の学校形態


三輪田学園中学校高校z.jpg

国公私立の別➡私立学校
設置者➡学校法人三輪田学園
設立年月日➡1887年
創立者➡三輪田壕佐子
共学・別学➡女子校
中高一貫教育➡完全一貫制
課程➡全日制課程
単位制・学年制➡学年制
設置学科➡普通科
学期 3学期制
高校コード 13517J
所在地 〒102-0073
東京都千代田区九段北3-3-15


三輪田学園中学校高校の歴史



1887年(明治20年) 三輪田壕佐子、神田区東松下町に翠松学舎を開校
1902年(明治35年) 三輪田女学校4月1日開校(生徒定員300名)
1903年(明治36年) 三輪田高等女学校となる(5年制生徒定員約400名)
1926年(大正15年) 制服が決まる(1年生より着用)
1945年(昭和20年) 4月14日、空襲により校舎を全焼
1947年(昭和22年) 学制改革により三輪田学園中学校となる
1948年(昭和23年) 学制改革により三輪田学園高等学校となる
1949年(昭和24年) 三輪田高等女学校廃止
1951年(昭和26年) 私立学校法制定により学校法人三輪田学園となる
1964年(昭和39年) 校外施設「軽井沢追分寮」竣工
1987年(昭和62年) 創立百周年記念式典挙行
2005年(平成17年) 新制服となる(1年生より着用)
2006年(平成18年) 新体育館完成
2007年(平成19年) 新特別教室完成


三輪田学園中学校高校・著名人名簿図鑑



芸能

音羽美子(女優、歌手)
新橋耐子(女優)
奥貫薫(女優)
一の宮あつ子(女優)
九條今日子(女優、映画プロデューサー)
扇谷ほし(お笑いタレント・ぷらんくしょんメンバー)
五十嵐美樹(タレント)
文化
川島つゆ(俳人・国文学者)
春日真木子(歌人) 
金原まさ子(俳人)
平岡美津子(三島由紀夫の妹)
島崎こま子(社会運動家・島崎藤村の姪)
中村初恵(ソプラノ歌手・ロシア詩翻訳家)
やぎざわ梨穂(漫画家)
マスコミ
瓶子和美(アナウンサー)
戸室穂美(ニュースキャスター)


三輪田学園中学校高校の現在の学生服



三輪田学園中学校高校g.jpg


三輪田学園中学校高校k.jpg


三輪田学園中学校高校f.jpg



➡三輪田学園中学校高校の
公式サイトはこちらをクリックしてください






山手学院中学校・高等学校・現在の学校形態


山手学院中学校・高等学校z.jpg

国公私立の別➡私立学校
設置者➡学校法人山手英学院
設立年月日➡1966年
創立者➡江守節子、松信幹男(姉弟)
共学・別学➡男女共学
中高一貫教育➡併設型
課程 ➡全日制課程
単位制・学年制➡学年制
設置学科➡普通科
学期 3学期制
高校コード 14531K
所在地 〒247-0013
神奈川県横浜市栄区上郷町460


山手学院中学校・高等学校の歴史



1966年(昭和41年) - 山手学院中学校設立(男子校)、2年間の入寮義務化。
1969年 - 山手学院高等学校設立、男女共学化
    アメリカ研修旅行開始(ワシントン州デイトン市)現在まで継続している。

1970年 - 全寮制となる。
1980年 - 高等学校の通学制導入。
1982年 - 中学校の通学制導入。
1986年 - 高等学校に理数コースを設置
2002年(平成14年) - 週5日制導入
2010年 - 併設型中学校・高等学校認可



山手学院中学校・高等学校・著名人名簿図鑑



石井苗子(女優 参議院議員)
高原豪久(ユニ・チャーム社長、日本経営協会会長)
日下部正樹(TBSテレビに所属する日本のジャーナリスト、ニュースキャスター、報道記者)
浅葉彩(アナウンサー)
二村愛(女優)
SHIN (CLIFF EDGE)
浅野重人 (ラフティング・アスリート)
竹本一彦 (柏レイソル:ゼネラルマネージャー 2006-現在・日本のサッカー指導者)
田澤耕(法政大学 教授)
木高イサミ(プロレスラー)
土居愛実 (セーリング オリンピック選手)
平岡亜紀(女優)



山手学院中学校・高等学校の現在の学生服



山手学院中学校・高等学校s.jpg


山手学院中学校・高等学校f.jpg


山手学院中学校・高等学校d.jpg


山手学院中学校・高等学校n.jpg



➡山手学院中学校・高等学校の
公式サイトはこちらをクリックしてください






山村学園高等学校・現在の学校形態



山村学園高等学校z.jpg

国公私立の別➡私立学校
設置者➡学校法人山村学園
校訓➡質実 英知 愛敬
設立年月日➡1922年
創立者➡山村ふみよ
共学・別学➡男女共学
課程 ➡全日制課程
単位制・学年制➡学年制
設置学科➡普通科
学期 3学期制
高校コード 11508J
所在地 〒350-1113
埼玉県川越市田町16-2



山村学園高等学校の歴史



1922年(大正11年)9月 - 裁縫手芸伝習所山村塾が開設
1931年(昭和6年)4月 - 山村高等学校裁縫女学校となる
1951年(昭和26年)4月 - 山村女子高等学校となる
2008年(平成20年)3月 - 月吉グラウンド(第一運動場)弓道場完成
2008年(平成20年)4月 - 男女共学化。校名を山村女子高等学校から山村学園高等学校に改称。
2008年(平成20年)5月 - 月吉体育館落成
2009年(平成21年)5月 - 月吉グラウンド(第一運動場)全天候型テニスコート完成
2011年(平成23年)9月 - 野田グラウンド完成
2014年(平成26年)8月 - 新校舎(1号館)完成
2015年(平成27年)8月 - 特別教室棟(5号館)完成



山村学園高等学校・著名人名簿図鑑



小島聖

増岡加奈子

小幡友美



山村学園高等学校の現在の学生服



山村学園高等学校g.jpg


山村学園高等学校d.jpg


山村学園高等学校k.jpg



➡山村学園高等学校の
公式サイトはこちらをクリックしてください






山脇学園中学校・高等学校・現在の学校形態



山脇学園中学校・高等学校e.jpg

国公私立の別➡私立学校
設置者➡学校法人山脇学園
設立年月日 1903年
創立者➡山脇玄
共学・別学➡男女別学(女子校)
中高一貫教育➡完全一貫制
課程➡全日制課程
単位制・学年制➡学年制
設置学科➡普通科
学期 三期制
高校コード 13539K
所在地 〒107-8371
東京都港区赤坂4-10-36



山脇学園中学校・高等学校の歴史



1903年 - 牛込白銀町に高等女子實脩学校創設
1908年 - 山脇高等女学校と改称
1928年 - 財団法人山脇高等女学校へ改組
1935年 - 現在地に新校舎を新築落成、移転
1947年 - 学制改革に伴い組織変更、山脇学園中学校・高等学校設置
1951年 - 学校法人化



山脇学園中学校・高等学校・著名人名簿図鑑



秋篠美帆(元宝塚歌劇団花組トップ娘役)
朝丘雪路(女優・歌手)
伊藤玲子(政治家)
潮和歌(元宝塚歌劇団宙組男役)
小田正実(アナウンサー)
落合由佳(アナウンサー)
風輝駿(元宝塚歌劇団宙組男役)
川上喜久子(小説家)
貫地谷しほり(女優)※中退
北林谷栄(女優)
久保菜穂子(女優)
沢たまき(歌手・女優)
銀あけみ(宝塚歌劇団卒業生)
鈴木その子(美容研究家)
鈴木奈都(芸人)
滝井礼乃(アナウンサー)
鳥居かほり(女優)
中村千栄子(詩人・作詞家)
長谷川町子(漫画家)
初風諄(元宝塚歌劇団トップ娘役)
颯希有翔(宝塚歌劇団月組男役)
葉山恵里(女優)※中学のみ
葉山葉子(女優)
牧よし子(女優)
マダム路子(美容師)
真理アンヌ(女優)
美稀千種(宝塚歌劇団星組男役)
水沢アキ(女優)※高校中退
村上麗奈(元女優)
森岡貞香(歌人)
山口恵梨子(将棋女流棋士)
山本里菜[1](TBSアナウンサー)



山脇学園中学校・高等学校の現在の学生服



山脇学園中学校・高等学校j.jpg


山脇学園中学校・高等学校m.jpg


山脇学園中学校・高等学校r.jpg



➡山脇学園中学校の
公式サイトはこちらをクリックしてください






森村学園中等部高等部・現在の学校形態



森村学園中等部高等部z.jpg

過去の名称➡森村学園高等女学校
      森村学園中等科・高等科
国公私立の別➡私立学校
設置者➡学校法人森村学園
校訓➡正直・親切・勤勉
設立年月日➡1910年(明治43年)
創立者➡森村市左衛門 (6代目)
共学・別学➡男女共学
中高一貫教育➡完全一貫制
課程 ➡全日制課程
単位制・学年制➡学年制
設置学科➡普通科
学期 3学期制
高校コード 14574C
所在地 〒226-0026
神奈川県横浜市緑区長津田町2695



森村学園中等部高等部・の歴史



1910年 - 創立者森村市左衛門(6代目)が高輪の自邸内に私立南高輪幼稚園開園、私立南高輪尋常小学校開校
1911年 - 各学年に英語科を設置、小学校校舎竣工
1912年 - ピアノ科を設置
1913年 - 割烹科(課外)を設け、第4・5・6年の女子に教える
1916年 - 自然科を設け、「大崎たんぽ」で斬新な理科教育を開始
1919年 - 森村市左衛門(6代目)死去。次男・開作(森村市左衛門(7代目)を襲名)が、園長、校長に就任。現在の森村学園の基礎を築く
1929年 - 小学校の新校舎を芝区高輪南町55番地に新築起工、小学校体操科の一部として剣道科を追加
1930年 - 小学校を旧校舎より新校舎に移転
1932年 - 自然科を直観科に改組
1939年 - 剣道科に加え、柔道科を正課とする
1940年 - 小学校第1学年に総合教育を実施、小学校の体育科の一部として薙力科を追加
1941年 - 国民学校令により、私立南高輪尋常小学校を森村初等学校に改称、森村高等女学校の発足、財団法人森村学園の設立認可
1942年 - 高等女学校校舎落成、新枚舎へ移転
1945年 - 高等女学校の補習コースとして専攻科が発足
1948年 - 森村学園幼稚園、初等科、中等科、高等科に校名を変更
1950年 - 中等科と高等科が男女別学となり、男子部と女子部が発足
1951年 - 財団法人から学校法人森村学園に改組、初等科が完全給食を実施
1954年 - 女子部の校舎を増築
1957年 - 男子部・女子部合同運動会を実施
1978年 - 長津田校舎が竣工し移転開始、各部を幼稚部、初等部、中等部、高等部、専攻科に改組、専攻科を除き男女共学制となる
1980年 - 全学移転完了し高輪校舎を閉鎖、初等部のプールが完成
1987年 - 海外英語研修プログラム発足
1991年 - 中央棟竣工
1997年 - 中等部・高等部を一体化し、中高一貫教育を開始
2000年 - 中等部より5クラス制への移行を開始
2004年 - 中等部・高等部が週6日制に移行
2009年 - 中等部・高等部の新校舎、初等部の屋内プールなどが竣工
2010年 - 森村学園創立100周年



森村学園中等部高等部・著名人名簿図鑑



黒澤明 (映画監督)〔幼稚園〕
安部譲二 (小説家)〔幼稚園〕
イサム・ノグチ (インテリアデザイナー)〔幼稚園〕
音楽家/演奏家/歌手
一青窈(歌手・作詞家・女優)〔初等部〕〔中等部〕〔高等部〕
安藤裕子(歌手・作詞家・女優)〔高等部〕
May J.(音楽家、歌手、DJ,MC(J-MELO: NHK))〔幼稚園〕〔初等部〕〔中等部〕
maylee(ラジオパーソナリティー、歌手、MC)〔初等部〕
AYA(歌手・女優)〔幼稚園〕〔初等部〕〔中等部〕
俳優(宝塚関係者)
田中里衣(宝塚歌劇団76期生)
朝香じゅん(宝塚歌劇団61期生)
俳優(女性)
松本伊代 (タレント)〔中等部〕
前川麻子(女優、小説家) 〔中等部〕
ラフルアー宮澤エマ (タレント)〔初等部〕
小山田詩乃 (声優)
俳優(男性)
広岡瞬(元俳優)〔初等部〕〔中等部〕〔高等部〕
田中伸彦(俳優・タレント)〔高等部〕
尾上菊五郎 (7代目) (歌舞伎役者)〔高等部〕
市村家橘 (17代目) (歌舞伎役者)〔高等部〕
林家木久蔵(落語家)〔初等部〕
森宮隆(俳優)〔中等部〕〔高等部〕
高橋祐也(元歌手・俳優・タレント)〔中等部〕〔高等部退学処分〕
植田真介(俳優・声優)〔高等部〕
Theかれー王 (タレント)〔初等部〕〔中等部〕〔高等部〕
アナウンサー/マスコミ/メディア
佐々木明子(テレビ東京アナウンサー)〔高等部〕
大橋マキ(元フジテレビアナウンサー)〔初等部〕〔中等部〕〔高等部〕
石井希和(元テレビ朝日アナウンサー)〔高等部〕
細木美知代(テレビ神奈川契約アナウンサー)〔高等部〕
スポーツ
八木沼純子 (元フィギュアスケート選手、プロスケーター)〔初等部〕
福原美和 (元フィギュアスケート選手、インスブルックオリンピック入賞)〔高等部〕
百田光雄(プロレスリング・ノア 取締役副社長)
岩澤徹(サッカー選手)〔中等部〕〔高等部〕
山本武白志 (野球選手)
その他
浜田マキ子〔高等部〕
竹見淳一〔高等部〕
川畑伊知郎 科学者(神経科学)/ピアニスト
加藤タキ(コーディネーター、(株)タキ・オフィス代表取締役)〔高等部〕
井澤京子(元衆議院議員(自民党所属))〔高等部〕
村上萌(ライフスタイルプロデューサー)〔高等部〕
出田節子〔高等部〕



森村学園中等部高等部の現在の学生服



森村学園中等部高等部y.jpg


森村学園中等部高等部f.jpg



森村学園中等部高等部の
公式サイトはこちらをクリックしてください






参考資料は学研・中学高校受験ガイド92年度版
他Wikipediaなど複数。

今回!不都合により掲載当事者より
削除要請があれば!速やかに対処いたします。








オンライン家庭講師「家庭ネット」



posted by 銀河一郎 at 11:00| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ナッナッネユアセヤレマ゚ケロソエク゚ヌ袒ミホト-ナッナッハモニオ ク゚ヌ ネユアセ
ノマモフマリ| キノスハミ| スコヨンハミ| ハヨモホ| トネルマリ| 萪ヨミマリ| ヘトマリ| ヒノマェマリ| ニスタヨマリ| アアニアハミ| ユカィマリ| ヌムハミ| トマソオハミ| ケニスハミ| ー「ソヒヒユハミ| ネクツマリ| ラマヤニ| モワハハミ| ヤカーイマリ| ク゚アョオハミ| ホタサヤハミ| ノウニコーモヌ| ホ萪トノスハミ| チル」マリ|