2020年01月11日

collection 懐かしの90年代女子高校制服図鑑第参集

こんにちは!私のYouTube投稿動画コレクションへようこそ





今回は懐かしの90年代女子高校制服図鑑の

第参集をお送りします。

下は掲載されている学校の一覧は

90年代の校名で、
現在、学校名が変わっている場合は

現在の校名と旧校名の両方を併記しています。



(掲載学校一覧)

☑カリタス女子高校

☑横浜創英短期大学女子高校

☑鎌倉女子高校

☑鎌田女子高校

☑関東学院高校

☑関東学院六浦高校

☑神田女学園

☑神奈川学園

☑神奈川大学付属高校

☑成田高校付属中学校

☑聖園女学院

☑大宮開成高校

☑大西学園

☑中村中学校高校

☑町田学園

☑藤村女子高校



各学校の格式、若しくは偏差値等の順位に

関係なくランダムに学校名は掲載しています。




カリタス女子中学校高等学校・現在の学校形態


270px-Karitas_highschool.jpg

国公私立の別➡私立学校
設置者➡学校法人カリタス学園
設立年月日➡1961年
共学・別学➡女子校
中高一貫教育➡完全一貫制
課程 ➡全日制課程
単位制・学年制➡学年制
設置学科➡ 普通科
学期 二期制
高校コード 14537J
所在地 〒214-0012
神奈川県川崎市多摩区中野島4-6-1


カリタス女子中学校高等学校の歴史


1953年 ケベック・カリタス修道女会の3人のシスターが来日
1954年 東京都世田谷区若林にケベック・カリタス修道女会本部修道院を設置
1957年 カリタス学生寮開設(現在はなし)
1960年 学校法人カリタス学園を設立
1961年 神奈川県川崎市多摩区中野島にカリタス修道院
カリタス女子中学高等学校を開設
1962年 カリタス幼稚園を開設
1963年 カリタス小学校を開設
1964年 カリタス女子高等学校に2年制の専攻科を設置、小学校校舎が落成。
1966年 高等学校専攻科を発展的改組しカリタス女子短期大学英語科を開設
1967年 幼稚園から短期大学までの一貫教育が完成
2006年 4月より中高新校舎での授業を本格的に開始
2011年 1月27日、外国語発表会が第30回を迎えた
2013年 4月より高校1年生からのコース選択が高校2年生からとなる



カリタス女子中学校高等学校・著名人名簿図鑑


紺野美沙子(中学校まで)
桜井玲香(高校3年で転学)
宮田愛萌
堀田茜
川村綾



カリタス女子中学校高等学校の現在の学生服


カリタス女子高校f.jpg

カリタス女子高校h.jpg

カリタス女子高校d.jpg

カリタス女子高校w.jpg



➡カリタス女子中学校・高等学校の公式サイトは
こちらをクリックしてください






横浜創英短期大学女子高校
現在✥横浜創英中学校高等学校・現在の学校形態


横浜創英短期大学女子高校h.jpg

過去の名称➡京浜高等女学校
      京浜女子高等学校
      京浜女子短期大学横浜高等学校
      京浜女子大学横浜高等学校
      京浜横浜高等学校
      横浜創英短期大学女子高等学校
国公私立の別➡私立学校
設置者➡学校法人堀井学園
設立年月日➡1940年(昭和15年)
共学・別学➡男女共学
中高一貫教育➡併設型(外部混合有)
課程➡全日制課程
単位制・学年制➡学年制
設置学科➡普通科
学科内専門コース 特進コース
文理コース
普通コース
学期 3学期制
高校コード 14513A
所在地 〒221-0004
神奈川県横浜市神奈川区西大口28番地



横浜創英短期大学女子高校
現在✥横浜創英中学校高等学校の歴史


1940年 - 京浜高等女学校を創立。
1948年 - 京浜女子高等学校に校名を変更。
1951年 - 京浜女子短期大学横浜高等学校に校名を変更。
1959年 - 京浜女子大学横浜高等学校に校名を変更。
1987年 - 京浜横浜高等学校に校名を変更。
1990年 - 横浜創英短期大学女子高等学校に校名を変更。
2002年 - 共学化に伴い、横浜創英高等学校に校名を変更。
2003年 - 中学部開設によって、
現在の横浜創英中学校・高等学校に校名を変更。
2006年 - 特進コースを開設。



横浜創英短期大学女子高校
現在✥横浜創英中学校高等学校・著名人名簿図鑑


山口小夜子(ファッションモデル)
鈴田林沙(女優)
横尾渉(ジャニーズJr.-Kis-My-Ft2)
長谷川アーリアジャスール(サッカー選手、元日本代表)
金井貢史(サッカー選手、元アジア大会日本代表)
水沼宏太(サッカー選手、元ロンドン五輪予選代表)
鈴木椋大(サッカー選手)
保崎淳(サッカー選手)
中野耀司(フィギュアスケート選手)



横浜創英短期大学女子高校
現在✥横浜創英中学校高等学校の現在の学生服


横浜創英短期大学女子高校f.jpg



横浜創英短期大学女子高校g.jpg



横浜創英短期大学女子高校m.jpg




➡横浜創英短期大学女子高校
現✥横浜創英中学校高等学校の現在の学生服の
公式サイトはこちらをクリックしてください






鎌倉女子大学中等部高等部・現在の学校形態


鎌倉女子大学中等部・高等部f.jpg

過去の名称➡京浜女子家政理学専門学校附属中学校
      京浜女子短期大学附属高等学校
国公私立の別➡私立学校
設置者➡学校法人鎌倉女子大学
設立年月日➡1943年
共学・別学➡女子校
中高一貫教育➡併設型
課程 ➡全日制課程
単位制・学年制➡学年制
設置学科➡普通科
学期 3学期制
高校コード 14547F
所在地 〒247-8511
神奈川県鎌倉市岩瀬1420



鎌倉女子大学中等部高等部の歴史


1943年(昭和18年) - 横浜市神奈川区に、京浜女子家政理学専門学校を設立。
1946年(昭和21年) - 鎌倉市岩瀬の現在地に校舎を得て、
戦後の学園再建を始める。
1948年(昭和23年) - 京浜女子家政理学専門学校附属中学校を設立。
1950年(昭和25年) - 鎌倉市岩瀬に京浜女子短期大学
(家政科・保健科)を設立。京浜女子短期大学附属高等学校・
同附属幼稚園を設立。
1951年(昭和26年) - 京浜女子短期大学附属小学校を設立。
1959年(昭和34年) - 京浜女子大学家政学部家政学科を設立。
1975年(昭和50年) - 学校法人京浜大学を設立。
1989年(平成元年) - 法人名及び運営学校名を、
それぞれ学校法人鎌倉女子大学・鎌倉女子大学・鎌倉女子大学短期大学部・
鎌倉女子大学高等部・同中等部・同初等部・同幼稚部と名称変更。
2003年(平成15年) - 大船キャンパス開設に伴い、
岩瀬キャンパスの施設をリニューアル。
2008年(平成20年) - 中等部に6年一貫の難関大学を目指す
特進コースを開設。



鎌倉女子大学中等部高等部・著名人名簿図鑑


京三紗(宝塚歌劇団専科娘役、元月組副組長、雪組組長)
岡本英子(政治家)
上坂すみれ[9](声優)初等部卒



鎌倉女子大学中等部高等部の現在の学生服



鎌倉女子大学中等部・高等部m.jpg



鎌倉女子大学中等部・高等部y.jpg



鎌倉女子大学中等部・高等部h.jpg



鎌倉女子大学中等部・高等部b.jpg









蒲田女子高等学校・現在の学校形態


蒲田女子高等学校d.jpg

過去の名称➡(旧制)蒲田高等女学校
国公私立の別➡私立学校
設置者➡ 学校法人簡野育英会
理念➡ 「子どもの教育にとって最も大切なのは母親であり、
その母親となる女性の教育こそ教育の根本なり」
校訓 ➡清く正しく健やかに
設立年月日➡ 1941年4月
6月14日
創立者➡ 簡野信衛
共学・別学➡男女別学(女子校)
課程➡全日制課程
単位制・学年制➡学年制
設置学科➡普通科
学科内専門コース 幼児教育コース
キャリアコース
学期 3学期制
高校コード 13628A
所在地 〒144-8544
東京都大田区本羽田一丁目4番1号



蒲田女子高等学校の歴史



1941年(昭和16年) - 東京女子高等師範学校教授簡野道明夫人・信衛により、学校法人簡野育英会蒲田高等女学校設立
1948年(昭和23年) - 学制改革により、蒲田女子高等学校・中学校に改編
1955年(昭和30年) - 附属幼稚園を設立
1973年(昭和48年) - 蒲田保育専門学校を設立
1994年(平成6年) - 普通科、商業科を5クラス制に再編
2011年(平成23年) - 創立70周年(記念式典挙行・記念誌の発行)
2014年(平成26年)- 「第8回キャリア教育優良教育員会、学校及びPTA団体等文部科学大臣表彰」受賞
2014年(平成26年) - 学園がドイツ・カッセルにある保育者養成校エヴァンゲリシャス・フレーベルセミナー校と姉妹校締結
2014年(平成26年9月) - 大田区認定小規模保育所「蒲田保育専門学校ふぞく保育室」を開設
2015年(平成27年) - 普通科2コース制(幼児教育コース/キャリアコース)に再編
2016年(平成28年) - 蒲田保育専門学校ふぞく北糀谷保育園を開園
2017年(平成29年) - 蒲田保育専門学校ふぞく糀谷駅前保育園を開園



蒲田女子高等学校・著名人名簿図鑑



中平千佳(女子プロ野球選手)
中村沙織(元・女子プロ野球選手)
今井志穂(女子プロ野球選手)
笹生なつみ(女子プロ野球選手)



蒲田女子高等学校の現在の学生服



蒲田女子高等学校v.jpg



蒲田女子高等学校l.jpg



蒲田女子高等学校@.jpg



蒲田女子高等学校f.jpg



蒲田女子高等学校j.jpg



g蒲田女子高等学校.jpg










関東学院中学校高等学校


関東学院中学校高等学校d.jpg

国公私立の別➡私立学校
設置者➡学校法人関東学院
設立年月日➡1884年
共学・別学➡男女共学
中高一貫教育➡完全一貫制
課程➡全日制課程
単位制・学年制➡学年制
設置学科➡普通科
高校コード 14507G
所在地 〒232-0002
神奈川県横浜市南区三春台4



関東学院中学校高等学校の歴史



1884年(明治17年) 横浜山手64番に横浜バプテスト神学校創立。
校長はA.A.ベンネット。
1895年 東京築地居留地42番に東京中学院創立。院長は渡瀬寅次郎。
1889年 東京中学院が東京牛込区市谷左内町29番地に移転し、
校名を東京学院中等科と改称する。
1919年(大正8年) 中学関東学院の設立が認可される。
1923年 校舎予定計画の最後の部分、本館の一翼、鉄筋コンクリート2階建の建築に着工し基礎工事を終わろうとした際、大震災に遭遇し、校舎が崩壊し、火災により設備が焼失。
1927年(昭和2年) 財団法人関東学院を組織。中学関東学院は、
関東学院中学部となる。
1946年 横浜大空襲による被害のため、六浦に移転。
1947年 新制関東学院中学校設立。
1948年 新制関東学院高等学校設立。
1949年 校舎再建により現在地に移転。
1999年(平成11年) 創立80周年記念式典を挙行。
2003年 冨山隆中・高等学校校長に就任。



関東学院中学校高等学校・著名人名簿図鑑



高橋長英(俳優)
藤竜也(俳優)
笹沢佐保(作家)
一ノ瀬康子(女優)
小達敏昭(プロゴルファー、夏目雅子の弟)
八木進(元プロ野球選手)
春口翼(元ラグビー選手)
万里昌代(女優)
春山恵理(アナウンサー)
三好博道(お笑い芸人、オキシジェン)
苅谷道郎(ニコン代表取締役社長兼CEO兼COO)
金子譲(東京歯科大学学長、日本歯科麻酔学会理事長)
原亨和(東京工業大学教授、日本化学会学術賞)
飯田嘉宏(元国立大学法人横浜国立大学長、学校法人関東学院理事長)
加用正(元騎手・調教師)
金田朋子(声優)
永尾まりや(元AKB48)
藤井将貴(フルコンタクト空手選手、極真館 全日本選手権4連覇)
山本理顕(建築家、名古屋造形大学学長、元浜国立大学教授)



関東学院中学校高等学校の現在の学生服



関東学院中学校高等学校k.jpg



関東学院中学校高等学校h.jpg



関東学院中学校高等学校l.jpg



関東学院中学校高等学校u.jpg










関東学院六浦中学校高等学校・現在の学校形態


関東学院六浦中学校・高等学校.jpg

国公私立の別➡私立学校
設置者➡学校法人関東学院
設立年月日➡1953年(昭和28年)
共学・別学➡男女共学
中高一貫教育➡完全一貫制
課程➡全日制課程
単位制・学年制➡学年制
設置学科➡普通科
学期 3学期制
高校コード 14528K
所在地 〒236-8504
神奈川県横浜市金沢区六浦東1-50-1



関東学院六浦中学校高等学校の歴史



1884年(明治17年)10月6日 : 横浜山手64番地横浜山手64番に横浜パプテスト神学校創立。
1895年9月10日 : 東京府東京市京橋区築地居留地42番に東京中学院創立。
1889年 : 東京中学院が東京府東京市牛込区左内町29番地に移転し、
校名を東京学院中等科と改称する。
1919年(大正8年) : 中学関東学院の設立が認可される。
1927年(昭和2年) : 財団法人関東学院を組織。中学関東学院は、
関東学院中学部となる。
1943年 : 青山学院文学部、高等商業学部、関東学院高等商業部が明治学院に統合される。古賀武夫教授(後の西南学院理事長・学長)が関東学院の残置を文部省や明治学院長に陳情。
1944年 : 関東学院校内にビクター工場が疎開し、防空通信機材を製作し、
体育館は食糧団倉庫になり、防衛隊が駐屯。
1945年 : 終戦後、古賀武夫らは教授校舎拡張のため、海軍の施設の払下げを
海軍省、大蔵省、文部省および GHQ と交渉を行う。
1946年 : 横浜大空襲による被害のため、金沢区六浦町に移転。
1947年 : 新制関東学院中学校設立。
1948年 : 新制関東学院高等学校設立。
1949年 : 関東学院中学校・高等学校が校舎再建により
南区三春台に移転するが、一部を六浦教室として 六浦校地に残す。
1953年 : 六浦校地の六浦教室を関東学院六浦中学校・高等学校として
分離独立させる。
1977年 : 高校に理数コースを設置。
1989年(和64年/平成元年) : 高校の理数コースを「理系特別進学コース」と
改め、新たに「文系特別進学コース」を設置。
1996年 : 「理系特別進学コース」と「文系特別進学コース」を廃し、
「外部受験クラス」を設置。礼拝堂にパイプオルガンを設置。
1999年 : 週5日制実施。
2009年 : 週6日制実施。
2011年 : 1号館(中学校校舎)改装工事実施。
2012年 : 週5日制実施及び1日7時間制実施。又、土曜日補習制実施。




関東学院六浦中学校高等学校・著名人名簿図鑑



中村裕介(作曲家)
古谷徹(声優)
竹中直人(俳優)
蒲谷和茂(元プロ野球選手)
佐々木智一(NHKアナウンサー)
小泉孝太郎(俳優)[2]
小泉進次郎(環境大臣、衆議院議員)
川添麻美(RKB毎日放送アナウンサー)
浦輝ひろと(元宝塚歌劇団花組男役)
日下太平(ラグビー選手 中退)
木下智裕(自転車選手)



関東学院六浦中学校高等学校の現在の学生服



関東学院六浦中学校・高等学校e.jpg



関東学院六浦中学校・高等学校r.jpg










神田女学園中学校高等学校・現在の学校形態


神田女学園中学校・高等学校.jpg

過去の名称➡神田高等女学校
      神田女子高等学校
国公私立の別➡私立学校
設置者➡学校法人神田女学園
校訓➡恕(誠・勤・愛・朗)
設立年月日➡1890年
共学・別学➡男女別学(女子校)
中高一貫教育➡併設型
課程 ➡全日制課程
単位制・学年制➡学年制
設置学科➡普通科
学科内専門コース➡グローバル・アドバンスト・フューチャー
学期 3学期制
高校コード 13503J
所在地 〒101-0064
東京都千代田区猿楽町2-3-6



神田女学園中学校高等学校の歴史



1890年 - 旧:神田猿楽町に神田高等女学校創立。
1917年 - 神田仲町に木造3階建ての新校舎完成。
1935年 - 現:猿楽町に鉄筋3階建ての校舎が完成する。
1948年 - 学制改革により神田女子高等学校設立。
1950年 - 神田女学園中学校・高等学校に改称。
2006年 - 校舎建て替えのため、6月に永田町
(旧:千代田区立永田町小学校跡)に一時移転(2008年3月まで)。
2008年 - 校舎建て替え完了。



神田女学園中学校高等学校・著名人名簿図鑑



高木徳子(中退)- 舞踏家、女優(浅草オペラの先駆者)
紅露みつ - 元国会議員「酒に酔つて公衆に迷惑をかける行為の防止等に関する法律」を参議院に提出(1961年)。
清川虹子(中退)- 女優
北斗晶(中退)- プロレスラー
瀬戸かずや - 宝塚歌劇団花組男役
青木英李(中退)- タレント、モデル
夏央小槇(中学卒)-元宝塚歌劇団雪組娘役



神田女学園中学校高等学校の現在の学生服



神田女学園中学校・高等学校b.jpg



神田女学園中学校・高等学校f.jpg



神田女学園中学校・高等学校h.jpg



神田女学園中学校・高等学校s.jpg



神田女学園中学校・高等学校y.jpg





➡神田女学園の公式サイトはこちらをクリックしてください





神奈川学園中学校高等学校・現在の学校形態


神奈川学園中学校・高等学校.jpg

過去の名称➡横浜実科女学校
国公私立の別➡私立学校
設立年月日➡1914年
創立者➡佐藤善治郎
共学・別学➡男女別学 (女子校)
中高一貫教育➡完全一貫制
課程 ➡日制課程
単位制・学年制➡学年制
設置学科 ➡普通科
高校コード 14512C
所在地 〒221-0844
神奈川県横浜市神奈川区沢渡18



神奈川学園中学校高等学校の歴史



1914年 - 前身の横浜実科女学校開校
1918年 - 現在地に移転
1921年 - 神奈川高等女学校に改称
1947年 - 神奈川中学校設置
1990年 - 神奈川学園中学校・高等学校に改称
1993年 - 中高一貫教育に移行
2014年 - 創立100周年



神奈川学園中学校高等学校・著名人名簿図鑑



山本安英 - 女優
余貴美子 - 女優
五大路子 - 女優
野村道子 - 声優
山崎美貴 - 女優
遥くらら - 女優
白河理子 - タレント、コラムニスト



神奈川学園中学校高等学校の現在の学生服




神奈川学園中学校・高等学校k.jpg



神奈川学園中学校・高等学校y.jpg




➡神奈川学園の公式サイトはこちらをクリックしてください





神奈川大学附属中高等学校・現在の学校形態


神奈川大学附属中・高等学校t.jpg

国公私立の別➡私立学校
設置者➡学校法人神奈川大学
校訓 ➡質実剛健・積極進取
(他にも建学の精神として上記2つの他に
'中正堅実'というものが存在する)
設立年月日➡1984年11月19日
共学・別学➡男女共学
中高一貫教育➡完全一貫制
課程➡全日制課程
単位制・学年制➡学年制
設置学科➡普通科
学期 2学期制
高校コード 14571J
所在地 〒226-0014
神奈川県横浜市緑区台村町800番地



神奈川大学附属中高等学校の歴史



1965年(昭和40年)
4~5月…米田吉盛神奈川大学理事長・学長(当時)の主導により、横浜市港北区中山(当時)台村町に52,321坪の土地を取得。
1976年(昭和51年)
4月27日…神奈川大学同窓会より「神奈川大学附属高等学校の設置について」
と言う意見書が理事長に提出される。
1983年(昭和58年)
4月25日 - 学校法人神奈川大学第25回理事会で中学校と高等学校の設置決定。
4月26日 - 学校法人神奈川大学第8回評議員会で中学校と高等学校の設置承認。
1984年(昭和59年)
1月14日 - 神奈川大学附属高等学校設置計画書が県知事より承認。
11月19日 - 神奈川大学附属高等学校(1学年6学級・定員男子204名)の
設置が県知事より認可、初代高等学校長に大澤清克を任命、校章と校旗を制定。
11月27日 - 開校式を挙行、中学校と高等学校の業務開始。
1985年(昭和60年)
3月31日 - 一号館(校舎)・二号館(体育館)、多目的グラウンド、野球場、
テニスコート、プールが完成。
4月1日 - 神奈川大学附属中・高等学校が開校。
10月26日 - 校歌の制定(作詞:栗原一登 作曲:團伊玖磨)。
1988年(昭和63年)3月31日 - 三号館(校舎)が完成。
1990年(平成2年)4月1日 - 定員の変更(1学年5学級・定員200名)
が認可、男女共学の実施。
1994年(平成6年)11月19日 - 創立10周年。
1997年(平成9年)4月1日 - 第二代校長に青柳昌宏を任命。
1998年(平成10年)
11月20日 - 学校法人神奈川大学創立70周年。
12月11日 - 第三代校長に菅原實を任命。
2001年(平成13年)7月4日 - 学則の改正、学校5日制に係わる変更が県知事に受理。
2003年(平成15年)
4月1日 - 第四代校長に澤田敏志を任命。
9月4日 - 学則の変更、併設型中高一貫校及び学校6日制への移行を
県知事が受理。
2004年(平成16年)
4月1日 - 学校6日制の実施、中高一貫校となる。
10月7日 - 4号館完成。
11月19日 - 創立20周年。
2006年(平成18年)4月1日 - 第四代校長に澤田敏志が再任(2期目)。
2009年(平成21年)4月1日 - 第四代校長に澤田敏志が再任(3期目)。
2012年(平成24年)4月1日 - 第五代校長に鈴木義嗣を任命。
2014年(平成26年)11月19日 - 創立30周年。
2018年(平成30年)4月1日 - 第六代校長に菊池久を任命。



神奈川大学附属中高等学校・著名人名簿図鑑



新井淳也…神奈川大学附属中・高等学校14期生。漫画家。

伊藤かりん…同校22期生,元生徒会長[14][30]

茂木響平…同校卒業生。
大学のお水飲み比べサークル(公式サイト)の創設者である。
2019年4月現在は上智大学在学。

小林道夫…神奈川大学附属中・高等学校教諭(2018年度現在は副校長)。
NHK高校講座社会と情報の監修等を行っている。

小柳めぐみ…同校教諭。日本化学会会員であり、
NHK高校講座化学基礎を筆頭とした様々なイベントの監修を務めている。



神奈川大学附属中高等学校の現在の学生服



神奈川大学附属中・高等学校f.jpg



神奈川大学附属中・高等学校h.jpg



神奈川大学附属中・高等学校c.jpg










成田高等学校付属中学校・現在の学校形態


成田高等学校・付属中学校d.jpg

過去の名称➡成田中学校
      成田高等女学校
国公私立の別➡私立学校
設置者➡学校法人成田山教育財団
設立年月日➡1898年11月
(明治31年認可)
1899年4月
(明治32年開校)
共学・別学➡男女共学
中高一貫教育➡併設型
課程➡全日制課程
単位制・学年制➡学年制
設置学科➡普通科
学期 3学期制
高校コード 12502E
所在地 〒286-0023
千葉県成田市成田27



成田高等学校付属中学校の歴史



1887年10月3日 - 成田山山主三池照鳳大僧正により、
成田高等学校の前身である修業年限3ヵ年の成田英漢義塾が創立される。
1898年10月7日 - 成田山山主石川照勤大僧正は英漢義塾を閉塾し、
新たに修業年限5ヵ年の(旧制)私立成田中學校の設置許可を受ける。
この日をもって成田高等学校の創立記念日と定める。
1908年2月21日 - 修業年限3ヵ年の私立成田山女學校が創立される。
1911年2月13日 - 成田山女學校を閉校し、
修業年限4ヵ年の私立成田高等女學校として設置認可を受ける。
1948年3月31日 - 学制改革に伴い、中学校、女学校を統合し、
成田山文化事業財団を設置者とし、
成田高等学校の設置認可を受ける。同時に中学校を併設する。
1949年3月31日 - 併設中学校を閉校する。
1951年1月19日 - 私立学校法により、
学校法人成田山教育財団の設置認可を受ける。
1967年4月8日 - 付属中学校を開校する。
1973年4月7日 - 付属小学校を開校する。
1998年10月8日 - 創立100周年記念式典を挙行する。
2012年 - 新校舎完成。



成田高等学校付属中学校・著名人名簿図鑑



政治・行政

井上裕 - 第23・24代参議院議長、元文部大臣
小川国彦 - 元衆議院議員(日本社会党)、元成田市長
実川幸夫 - 元衆議院議員、元法務副大臣
小泉一成 - 成田市長
相川堅治 - 富里市長
板倉正直 - 印西市長
秋本真利 - 衆議院議員
戸村一作 - 農民運動家、三里塚闘争活動家。三里塚芝山連合空港反対同盟の代表。

作家文芸

加瀬あつし - 漫画家
三橋鷹女 - 俳人
伊藤公平 - 歌人・随筆家・小説家・作詞家
木村直巳 - 漫画家

芸能

滝田栄 - 俳優
仲村瑠璃亜 - 女性モデル※付属中学校を卒業
国本武春 - 浪曲師

(スポーツ)

陸上競技

澤野大地 - 男子棒高跳日本記録保持者
花岡麻帆 - 女子三段跳日本記録保持者
吉田文代 - 女子三段跳
増田明美 - ロサンゼルス五輪女子マラソン代表、スポーツジャーナリスト
室伏広治 - アテネ五輪男子ハンマー投金メダリスト
笛木靖宏 - 第14回世界陸上競技選手権大会400メートルハードル出場
篠塚麻衣 - 陸上競技選手 女子駅伝選手

水泳

今村元気 - 水泳選手・アテネ五輪男子平泳ぎ日本代表

野球

荒井致徳 - 成田高校・我孫子高校・中央学院高校監督
石原照夫 - 元プロ野球選手
牧野宏 - 元プロ野球選手
桜井伸一 - 元プロ野球選手
岩舘学 - 元プロ野球選手
唐川侑己 - プロ野球選手
齋藤俊介 - プロ野球選手
田宮裕涼 - プロ野球選手
その他
岩澤信夫 - 農業技術者
屋敷和子 - JALスカイ社長



成田高等学校付属中学校の現在の学生服



成田高等学校・付属中学校a.jpg



成田高等学校・付属中学校b.jpg



成田高等学校・付属中学校f.jpg











聖園女学院中学校高等学校・現在の学校形態


聖園女学院中学校・高等学校g.jpg

過去の名称➡聖園女学院高等女学校
国公私立の別➡私立学校
設置者➡学校法人南山学園
理念➡イエスの聖心の愛を伝える教育
校訓➡信念・精励・温順
設立年月日➡1946年4月
創立記念日➡5月31日
創立者➡聖園テレジア (Theresia Misono)
共学・別学➡男女別学(女子校)
中高一貫教育➡完全一貫制
課程 ➡全日制課程
単位制・学年制➡学年制
設置学科➡普通科
学期 2学期制
高校コード 14556E
所在地 〒251-0873
神奈川県藤沢市みその台1番地4



聖園女学院中学校高等学校の歴史



1920年(大正9年) - 聖心の布教姉妹会創立。
1946年(昭和21年)4月 - 聖心の布教姉妹会第3代総長:聖園テレジア
(Theresia Misono) によって藤沢海軍航空隊跡地
(藤沢海軍航空隊敷地内に、かつてあった藤沢カントリー
倶楽部跡地でもある。)に、旧制の高等女学校として
聖園女学院高等女学校が開校。
1947年 - 聖園女学院小学校を併設。
1948年 - 学制改革で聖園女学院高等学校に名称変更。
同年2月28日に聖園女学院中学校設立。
1951年 - 学校法人聖園女学院とし認可された。
1965年 - 聖園テレジアに母国西ドイツから名誉勲章が贈与。
1976年 - 完全中高一貫教育制に移行。中高完全6ケ年一貫教育開始。
1979年 - 聖園女学院小学校を休校とする。
1990年(平成2年) - 全校舎改築工事完成。
2004年 - 聖園女学院小学校を廃校とした。
2005年2月14日 - 旧日本軍高射砲陣地跡に体育館の工事中、
機関砲弾約1200発が発見される。
2006年 - 新文化体育施設「マリアホール」が完成。
2014年 - 2016年4月に学校法人南山学園と
学校法人聖園学院が法人合併することに向けた協議を開始[14]
2015年 - 学校法人南山学園と学校法人聖園学院が合併契約の締結。
イエスの聖心聖堂[16](みこころ聖堂)が完成。
2016年
4月 - 学校法人南山学園と合併。
6月 - 学校法人南山学園と学校法人聖園女学院の合併記念ミサが行われた。
2017年 4月 - 学校法人南山学園第9代理事長の
ミカエル・カルマノ(Michael CALMANO)が校長に就任。



聖園女学院中学校高等学校・著名人名簿図鑑



麻乃佳世(宝塚歌劇団)
若央りさ(宝塚歌劇団)
真壁京子(気象予報士)
糸山英太郎(附属小学校に在籍、元政治家)



聖園女学院中学校高等学校の現在の学生服



聖園女学院中学校・高等学校l.jpg



聖園女学院中学校・高等学校e.jpg



聖園女学院中学校・高等学校r.jpg









大宮開成中学高等学校・現在の学校形態


大宮開成中学・高等学校.jpg

過去の名称➡大宮洋裁女学校
      大宮高等洋裁学校
国公私立の別➡私立学校
設置者➡学校法人開成学園
校訓 ➡愛・知・和
設立年月日➡1942年(昭和17年)
創立者➡松ア庚子良
共学・別学➡男女共学
中高一貫教育➡併設型(外部混合無)
課程➡全日制課程
単位制・学年制➡学年制
設置学科➡普通科
学期 2学期制
高校コード 11512G
所在地 〒330-8567
埼玉県さいたま市大宮区堀の内町1-615



大宮開成中学高等学校の歴史



1942年(昭和17年)8月 : 大宮洋裁女学校創設。
1949年11月 : 大宮高等洋裁学校と改称。
1953年4月 : 準学校法人開成学園設立。
1959年2月 : 学校法人開成学園に組織変更。大宮開成高等学校
(普通科・商業科・家庭科)設立。現在地に移転する。
1974年4月 :施設・設備計画5ヶ年計画策定
1975年3月 : 第一期新校舎落成(鉄筋4階建20教室)。
1976年9月 : 総合体育館落成。
1979年1月 : 第二期新校舎落成(鉄筋5階建管理校舎)。
1981年3月 : 特別教室校舎落成。
1985年8月 : 学生ホール落成。
1987年3月 : 格技場(松崎記念講堂清心館)落成。
1988年4月 : 家庭科を家政科と改称。
1992年(平成4年)5月 : 総合体育館プライムホールカイセイ落成。
1994年
4月 : サテライングリーンチャンネル施設設置
(代々木ゼミナール授業受講施設)。
11月 : 芝川グラウンド完成。
1996年4月 : 芝川グラウンド拡張。
1997年4月 : 普通科に特進コースを設置、特進のみ男女共学とする。
1998年4月 : 普通科を「特進」・「進学」・「普通」・「スポーツ」の
4コースとし、普通コース・商業科・家政科以外すべて男女共学とする。
2001年
4月 : 普通科を「特進選抜」・「特進」・「進学選抜」・「進学」・「総合」・「スポーツ」の6コースとし、総合コース・家政科以外すべて男女共学とする。
11月 : 新校舎「ウェルカムホール棟」落成。
2002年4月 : 学園創立60周年記念記念式典。
2003年3月 : 商業科廃止。
2004年4月 : 普通科を「特進選抜」・「特進」・「進学選抜」・進学」・「総合」の5コースとし、総合コース・家政科以外すべて男女共学とする。
スポーツコースを募集停止。
2005年
4月 : 普通科(高校部)を「特進選抜 医歯薬理系」「特進選抜 難関国立文系」
「特進α(国立・難関私大)」「特進β(難関私大)」
「進学選抜」「進学」の6コースとし、家政科以外すべて男女共学とする。
総合コースを募集停止。中学校(中高一貫部)を開設し、
「大宮開成中学・高等学校」と改称。
5月 : 国際興業バス 大08系統(大宮駅東口 - 直行 - 天沼町)の運行を開始。
2006年
3月 : 中学校校舎落成。
4月 : 普通科(高校部)を「特進選抜 医歯薬理系」
「特進選抜 難関国立文系」
「特進α(国立・難関私大)」
「特進β(難関私大)」
「選抜α」「選抜β」の6コースとする。
進学選抜・進学コースを募集停止。
キャンパス整備事業完成。
2007年4月 : 普通科(高校部)を「特進選抜 医歯薬理系」
「特進選抜 難関国立文系」「特進選抜 国立総合」
「特進α(難関私大)」「特進β(上位私大)」
「選抜(中堅私大)」の6コースとする。
2008年
1月 : 3号館内装リニューアル。
4月 : 家政科の募集停止。普通科のみとなる。
中高一貫部1期生高校へ進学。
11月 : 音楽練習棟楽友ホール落成。
2009年
4月 : 普通科(高校部)を「特進選抜 国立理数」
「特進選抜 国立総合T類」「特進選抜 国立総合U類」
「特進S(難関私大)」「特進α(上位私大)」
「特進β(中堅私大)」の6コースとする。
中高一貫部に「英数特科クラス」を新設、
「特別進学クラス」との2コース体制とする。
1号館内装リニューアル。
9月 : 中学運動広場完成。
2010年** 3月 : 家政科廃止
2011年
4月 : 普通科(高校部)を「特進選抜 国立先進」
「特進選抜 国立T類」「特進選抜 国立U類」
「特進S」「特進α」「特進β」の6コースとする。
10月 : 開成館コミュニティセンター落成。
2012年11月 : 校舎耐震工事完了。
2015年4月 : 普通科(高校部)を 「特進選抜 国立先進」
「特進選抜 国立T類」「特進選抜 国立U類」「
特進ST」「特進SU」の5コースとする。
2016年4月 : 図書館棟落成。
2017年4月 : 普通科(高校部)を 「特進選抜先進」
「特進選抜T類」「特進選抜U類」
「特進選抜S」の4コースとする。制服リニューアル。
2019年
2月 : 新体育館落成(当初、2018年10月落成予定)。
3月 : 土曜日の予備校講師によるライブ授業を廃止。
木曜日の7限を原則廃止。
4月 : 中高一貫部の「特別進学クラス」を廃止、「
英数特科コースTクラス」
「英数特科コースSクラス」の2コース体制とする。
当年度より土曜日に年8回、
高等部1・2年生において探求型の授業である
「愛知和ラーニング」を開始。



大宮開成中学高等学校・著名人名簿図鑑



ダンプ松本(プロレスラー)
西尾佳 (長野放送アナウンサー)
丸山小百合(俳優)
森辺彩(コンパニオン)
在学中は女子サッカー部所属。
教師
山本博(アーチェリー選手)
元保健体育科教諭。



大宮開成中学高等学校の現在の学生服



大宮開成中学・高等学校j.jpg



大宮開成中学・高等学校x.jpg



大宮開成中学・高等学校l.jpg



大宮開成中学・高等学校n.jpg












大西学園中学校高等学校・現在の学校形態


大西学園中学校・高等学校b.jpg

過去の名称➡中原高等女学校
国公私立の別➡私立学校
設置者➡学校法人大西学園
設立年月日➡1928年(昭和3年)
共学・別学➡男女共学
中高一貫教育➡併設型(外部混合有)
課程 ➡全日制課程
単位制・学年制➡学年制
設置学科➡普通科
商業科(女子)
家庭科(女子)
学期 3学期制
高校コード 14536A
所在地 〒211-0063
神奈川県川崎市中原区小杉町2-284



大西学園中学校高等学校の歴史



1928年 - 文部大臣より高等女学校として認可される。
中原高等女学校と称する。中原高等女学校を設立
1942年 - 財団法人大西学園認可と共にその経営するところとなり、
4ヶ年制と5ヶ年制とを併設した高等女学校となり、
生徒数、千数百名を数える大学園となる
1947年 - 学制改革により、大西学園中学校設置が認可される
1948年 - 大西学園高等学校設置認可される
1951年 - 学校法人大西学園認可と共にその経営するところとなる



大西学園中学校高等学校・著名人名簿図鑑



鰐淵晴子 - 女優



大西学園中学校高等学校の現在の学校形態



大西学園中学校・高等学校f.jpg



大西学園中学校・高等学校m.jpg



大西学園中学校・高等学校h.jpg











中村中学校高等学校・現在の学校形態


中村中学校・高等学校k.jpg


過去の名称➡私立深川女子技芸学校
      私立中村高等女学校
国公私立の別➡私立学校
設置者➡学校法人中村学園
校訓 ➡清く直く明るく
設立年月日➡1903年
創立者➡中村清蔵
共学・別学➡男女別学(女子校)
中高一貫教育➡完全一貫制
課程➡全日制課程
単位制・学年制➡学年制
設置学科➡普通科国際科
学期 2学期制
高校コード 13600A
所在地 〒135-8404
東京都江東区清澄二丁目3番15号



中村中学校高等学校の歴史


1903年 - 深川女子技芸学校 設立
1909年 - 中村高等女学校 創立
1923年 - 関東大震災により校舎焼失
1925年 - 現在地に新校舎落成
1927年 - 制服制定
1928年 - 校歌制定
1945年 - 東京大空襲により校舎焼失
1947年 - 学制改革により中村中学校新設
1948年 - 中村高等学校に改称
1949年 - 新校舎落成
1959年 - 新校舎落成
1969年 - 中村中学校募集休止
1991年 - 中村中学校募集再開。制服改定
1999年 - 新校舎落成
2000年 - 高等学校普通科に国際コース設置
2005年 - 国際コースを国際科に改組
2006年 - 完全中高一貫校化(2009年度より高等学校の募集停止)
2009年 - 新制服制定
2017年 - 国際科に限り、高等学校の外部募集を再開。
2019年 - 普通科外部募集再開予定。



中村中学校高等学校・著名人名簿図鑑


森尾由美(中退。後に明治大学付属中野高等学校定時制に編入)
ヨーコ・ゼッターランド
斎藤真由美(中退)
持田香織 (Every Little Thing)
朝比パメラ(旧名壕木パメラ)(中高)
乃下未帆(中高)



中村中学校高等学校の現在の学生服



中村中学校・高等学校j.jpg



中村中学校・高等学校@.jpg



中村中学校・高等学校h.jpg



中村中学校・高等学校f.jpg



中村中学校・高等学校w.jpg











町田学園
現在☆彡品川エトワール女子高等学校・現在の学校形態


町田学園a.jpg

過去の名称➡町田学園女子高等学校
国公私立の別➡私立学校
設置者➡学校法人町田学園
設立年月日➡1934年
共学・別学➡女子校
課程 ➡全日制課程
単位制・学年制➡学年制
設置学科➡普通科
高校コード 13616G
所在地 〒140-0004
東京都品川区南品川5-12-4



町田学園
現在
品川エトワール女子高等学校の歴史



1934年 町田報徳学舎(男子商業学校)として設立
1945年 普通科の女子高校となる
1956年 商業科を設置
1991年 アメリカ・カリフォルニア州のバレークリスチャン・
ハイスクールと姉妹校提携
1992年 中国・北京市の北京幼児師範学校と姉妹校提携
1999年 新校舎、及び体育館完成
2000年 現在の校名に改称
2001年 制服を改定
2005年 早稲田大学空間科学研究所と
「マルチメディア表現コース」に係る提携・協力契約
2006年 「マルチメディア表現コース」設置
2008年 「国際コース」設置、イギリスの
クイーンマーガレットスクールと姉妹校提携



町田学園
現在
品川エトワール女子高等学校・著名人名簿図鑑



瀬川瑛子 - 歌手
MAKO - 女性アーティスト(Bon-Bon Blanco元リーダー)
石村舞波 - 元Berryz工房メンバー



町田学園
現在
品川エトワール女子高等学校の現在の学生服



町田学園b.jpg



品川エトワール女子高等学校d.jpg



品川エトワール女子高等学校e.jpg



品川エトワール女子高等学校f.jpg



品川エトワール女子高等学校g.jpg











藤村女子中学校高等学校・現在の学校形態


藤村女子中学校・高等学校.jpg

国公私立の別➡私立学校
設置者➡学校法人井之頭学園
設立年月日➡1932年
共学・別学➡男女別学(女子校)
中高一貫教育➡併設型
課程 ➡全日制課程
単位制・学年制➡学年制
設置学科➡普通科
学期 三期制
高校コード 13734A
所在地 〒180-8505
東京都武蔵野市吉祥寺本町二丁目16番3号



藤村女子中学校高等学校の歴史



1932年 - 開校。



藤村女子中学校高等学校・著名人名簿図鑑



体操

川本ゆかり - 元新体操選手
信田美帆 - 元体操選手、元タレント
山尾朱子 - 元新体操選手
小菅麻里 - 元体操選手
大川真澄 - 元体操選手
溝口絵里加 - 元体操選手
大島杏子 - 体操選手(朝日生命体操クラブ)
石坂真奈美 - 体操選手(国士舘大学→上越教育大学大学院)
鶴見虹子 - 体操選手・世界選手権大会銀メダリスト ※中学のみ
上村美揮 - 体操選手
美濃部ゆう - 体操選手
山本さとみ - 体操選手
杉原愛子 - 体操選手 ※梅花高等学校から転入
柔道
松本薫 - 柔道家 ※金沢学院東高校に転校
山岸絵美 - 柔道家(三井住友海上)
玉置桃 - 柔道家 (三井住友海上)
浅香夕海 - 柔道家
五味奈津実 - 柔道家
佐藤みずほ - 柔道家

テニス

佐伯美穂 - プロテニス選手
新井麻葵 - プロテニス選手
瀬間詠里花 - プロテニス選手
その他スポーツ
藤丸真世 - 元シンクロナイズドスイミング選手・アテネ五輪銀メダリスト

芸能

内田有紀 - 女優 ※中退
優香 - タレント ※日出女子学園高等学校に転校
しゅはまはるみ - 女優 ※中学時代に転校
中村果生莉 - 女優
ひし美ゆり子 - 女優
山下結穂 - 女優
寺田路恵 - 女優
長谷川香子 - 元宝塚歌劇団
泉ちどり - 演歌歌手

囲碁

新垣未希 - 囲碁棋士
新垣望 - 囲碁棋士
稲葉禄子 - 囲碁棋士

その他

スワーダ・アル・ムダファーラ(森田美保子) - 教育者



藤村女子中学校高等学校の現在の学生服


藤村女子中学校・高等学校c.jpg



藤村女子中学校・高等学校a.jpg



藤村女子中学校・高等学校d.jpg



藤村女子中学校・高等学校b.jpg



藤村女子中学校・高等学校e.jpg




















参考資料は学研・中学高校受験ガイド92年度版
他Wikipediaなど複数。

今回!不都合により学校等、掲載当事者より
削除要請があれば!速やかに対処いたします




































posted by 銀河一郎 at 11:00| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月01日

純情のアフィリア・池袋サンシャインシティ噴水広場

こんにちは!私のYouTube投稿動画
コレクションへようこそ







この動画は2019年9月5日

池袋サンシャインシティ噴水広場で

純情のアフィリアを頭上からフォーメーションを

撮影したものです。

よくオーケストラの技量を測る対象の曲が
ボレロが最適と言われています。

池袋サンシャインシティ噴水広場の頭上から見ると
各アイドルグループの技量がよく解ります。

現地で生でLIVEをみている時は分からないのですが?

改めて動画でみると!!!

恐るべし!池袋サンシャインシティ噴水広場の頭上撮影?


2008年に結成。

スタート時はアフィリア・サーガ・イースト。

2013年にはアフィリア・サーガ。

そして、2017年に現在の(純情のアフィリア)に改名

2019年、現在時点で活躍中のアイドルグループ。

2019年9月3日。純情のアフィリアとして4枚目の

シングル発表予定。(タイトル :残酷のバベル )


レーベル➡Stand-Up! Records


事務所➡アミュレート





純情のアフィリア 

2019年10月時点でのメンバー紹介




青海マホ



渚カオリ



葉山カナ



寺坂ユミ



桜田アンナ



優希クロエ



雨森セラ



東城アミナ



夏目ベール



望月ミイミ














純情のアフィリアに関する詳しい情報は下のURLを
クリックしてください





➡ここから純情のアフィリアの公式サイトにアクセスできます




➡こちらをクリックすれば純情のアフィリアのTwitterにアクセスできます




➡こちらをクリックすれば純情のアフィリアのWikipediaにアクセスできます
















posted by 銀河一郎 at 20:00| Comment(0) | アイドルエンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ナッナッネユアセヤレマ゚ケロソエク゚ヌ袒ミホト-ナッナッハモニオ ク゚ヌ ネユアセ
ウ牾レハミ| サニ跖ハミ| キ篩ェマリ| ハゥオ鰕リ| ホトウノマリ| モホマリ| ヌ犧ヤマリ| カシイマリ| コ」ムホマリ| カォトマリ| チャヨンハミ| エィマリ| ヤヒウヌハミ| コアアハ。| トォヘムマリ| エラホマリ| ユミロマリ| ノ」ヨイマリ| ツケネェハミ| ラケアマリ| ミヒーイマリ| エミツマリ| スュメハミ| ミヒコヘマリ|